ブルーベリーサプリメントの効果

ブルーベリーサプリメントで眼精疲労が回復するそうです。

ブルーベリーにはアントシアニンが豊富に含まれており、この成分が目の疲れを癒す働きがあります。

ブルーベリージャムを毎朝食べていたパイロットの夜目が良いことから研究がすすめられ、アントシアニンという成分が発見されたと聞きます。

そのためブルーベリーサプリメントを飲んでも夜目が利くようになるそうですね。

ブルーベリーサプリメントの効果でよく間違えられるのが視力回復効果です。

ブルーベリーには視力回復効果はありません。

視力の衰えに関係がある目の疲れが取れる効果はありますが、視力が良くなることはないのです。

・・・ですがブルーベリーサプリメントを見てみると、物によっては視力回復効果を謳っているものもありますね。

それらの商品には気をつけたほうがいいでしょう。

ブルーベリーサプリメントの効果はパソコンや仕事、勉強による目の疲れからの回復ですね。


蜂の子の粉末

蜂の子には、アミノ酸やビタミン、ミネラルなど現代人には不足しがちな栄養素がたっぷり含まれています。

特にアミノ酸に関しては9種類の必須アミノ酸がすべて含まれており、毎日の健康のためにぜひ摂りたいですね。

蜂の子のサプリメントはカプセルタイプが主流となっていますが、粉末タイプも販売されているんですよ。

ほとんどの蜂の子の粉末タイプサプリメントは分包状でパッケージされていますので、外出先への持ち運びがとても簡単です。

ただし、粉末の蜂の子サプリメントを選ぶ際は、できるだけフリーズドライで作られたものを選ぶようにしてください。

さらに、フリーズドライの蜂の子サプリメントなら、蜂の子が本来持っている栄養素を十分吸収することができますので、高い健康効果を実感いただけると思います。


サプリで摂るグルコサミン

関節痛に効果が高い成分といえばグルコサミンですよね。

年齢と共に軟骨が減少して骨同士が摩擦を起こし、痛みを感じるようになりますが、グルコサミンを摂取することで軟骨を再生して関節痛の痛みを緩和するというのはメディアなどでもよく目にしますから、多くの方が知っていることではないでしょうか。

医薬品ではないので、サプリなどの健康食品でグルコサミンを摂ることが出来ます。

サプリではグルコサミン単体というものもありますが、グルコサミンの効果を効率よく利用するなら、コンドロイチンやコラーゲンなども一緒に配合されているサプリを利用するといいでしょう。

いくつかの成分と一緒に摂取することでグルコサミンの効果を高めることが出来ますよ。


ヒアルロン酸の補給はサプリメントで

肌の若々しさを保ったり、スムーズに動くことをサポートしてくれるヒアルロン酸は、25歳頃を境に体の中から減少して行きます。

20歳と40歳の人の体に含まれているヒアルロン酸の成分量を比較してみると、40歳の人の体には、20歳の人の半分しか存在していないことが判りました。

放っておくとどんどんシワが増えたり、関節がぎくしゃくして痛みを感じるようになってしまうかも知れません。

それを防ぐためにも、体の外から成分を補給する必要がありますよね。

そんな時に利用したいのが、ヒアルロン酸サプリメントです。

タブレットやカプセルに入ったものなら、簡単に飲むことが出来ますし、手間もかかりませんから、すぐに取り組むことが出来ます。

サプリメントはドラッグストアやネットなどで購入出来るので、試しに購入してみましょう。


青汁のサプリメントのメリット

青汁って粉末を溶かしてのむ液体をイメージしてしまいますが、中には錠剤のサプリメントタイプのものもあるようです。

(最近はあまり見かけなくなりましたが、冷凍タイプのものもあって、こっちは鮮度抜群の代わりにかなり飲みにくいみたいです。)

サプリの青汁の最大のメリットといえば、味を気にしなくていい事ではないでしょうか。また、持ち歩くにもいいですよね。

外出先だと、なかなかマイドリンクというわけにいかない場面も多いですが、サプリメントだとどこでも水さえあれば飲めますよね。

結構メリットの方が多いような気がします。

唯一デメリットがあるとしたら、たくさん飲まなきゃいけないことでしょうか。

メーカーによっては一日に30粒くらい飲まなければいけないところもあるようです。


ブルーベリーサプリメントの原材料にはビルベリーが使われている

ブルーベリーサプリメントの原材料には、ブルーベリーではなくビルベリーが配合されているようです。

ショボショボした目や疲れ目などの回復にブルーベリーが良いと聞いたことはありませんか?毎日ブルーベリーを食べるのは大変なので、ブルーベリーサプリメントで手軽に摂取しようと思い、調べてみると、なんと調べた5種類以上の全てのブルーベリーサプリメントには、ビルベリーが使われていました。

でもブルーベリーに含まれる疲れ目に効く成分のアントシアニンは、ブルーベリーよりビルベリーに豊富に含まれ、その量は3〜5倍だそうです。

使われているビルベリーの原産地は北欧産が主流なようです。

ビルベリーエキスにアントシアニンが含まれており、その他に目に良い成分としてルテインやカロテノイド、メグスリノキエキスが含まれている商品が多かったですね。

アントシアニン量は似たり寄ったりでした。


-->